毕业论文

当前位置: 毕业论文 > 日语论文 >

《源氏物语》和《红楼梦》中的女性悲剧紫姬与宝钗为例

时间:2022-01-08 17:51来源:日语论文
『源氏物語』と『紅楼夢』における女性悲劇―紫姫と宝釵を中心に日语论文《源氏物语》和《红楼梦》中的女性悲剧紫姬与宝钗为例

要旨『源氏物語』と『紅楼夢』は東方古典文学の代表作である。この二つの巨作には男主人公の周囲にある女子たちを巡り、一連の女性悲劇が描き出された。作家はこの二つの小説を作り上がったが、別に封建時代に生きる女性たちのためではない。しかし、これらの女性悲劇を通して、彼女たちへの同情が表現された。この課題は二つの作品にある“完璧”な女紫姫と宝釵を中心に、彼女たちの人生悲劇を招いた社会根源、個人性格などの原因を検討しようとする。この二人の経歴を鏡とし、封建時代に生きた女性たちの人生悲劇が見える。最後に、現代女性の立場から、何らかの理解と啓発が得られる。76829

キーワード:「源氏物語」;「紅楼夢」;紫姫;宝釵;悲劇

摘要《源氏物语》和《红楼梦》是东方古典文学的代表作,两部作品将着眼点放在男主人公周围的女性上,倾注大量笔墨描写了一个又一个的女性悲剧。小说并非是专门为封建社会的女性而写,但作者通过对这些女性悲剧命运的揭示,表达了对她们的深切同情。本课题将探讨两部作品中的“完美”女性紫姬与宝钗的人物形象,正论中将通过对造成她们悲剧的社会根源以及她们自身的性格原因来一步步解读她们的悲剧命运。通过这两个女性形象来窥探封建社会下女性共同的悲剧人生。最后,站在现代女性的角度阐述一些感悟和启发。

毕业论文关键词:《源氏物语》;《红楼梦》;紫姬;宝钗;悲剧

目 次

謝辞 i

要旨 ii

摘要 iii

1  はじめに 1

2  “完璧”女性としての宝釵と紫姫 2

3  社会悲劇 5

3。1  一夫多妻制の束縛 5

3。2  封建家長制の統制 6

4  性格悲劇 8

4。1  自我意識の喪失 8

4。2  自分感情の抑制 9

5  人生悲劇 11

5。1  夫を失った宝釵 11

5。2  恋をする権利を失った紫姫 11

6  現代女性に教えること 13

7  終わりに 15

参考文献 16

   

1  はじめに

『紅楼夢』は清朝中期乾隆帝の時代に書かれた中国長編白話小説である。旧中国の傑作古典小説に数えられ、現実主義創作の代表作とも言える。『源氏物語』は日本古典文学の傑作で、日本物語文学の最高峰と褒められ、“日本1の「紅楼夢」”とも言われる。この二つ作品の作者は数十年ないし数二十年をかけ、大量の心血を打ち込み、ようやくこの二つの巨作を完成したのである。二つの著作には皆男主人公の視線で、彼たちの周囲にあるさまざまな悲しい運命に出会う女の子たちの人生が描かれる。本論は二つの作品にある女主人公紫姫と宝釵の人生悲劇を中心に、封建時代に生きる女性悲劇を検討しようと思う。この意味深長な課題について、ただ八千ぐらいのワードで述べることはなかなか難しいが、なるべく自分の調べた資料に基づい、自分の考えでまとめたいと思う。 《源氏物语》和《红楼梦》中的女性悲剧紫姬与宝钗为例:http://www.youerw.com/riyu/lunwen_88196.html

------分隔线----------------------------
推荐内容